BackWPupで簡単!WordPress手動バックアップ

WordPressサイトの更新・修正前はもちろん、万が一に備えて必ず取得していきたいバックアップ。「BackWPup」というプラグインを使えば簡単にバックアップが取得できます。手動はもちろん、スケジュール設定もバッチリ!

今回は手動バックアップの取得方法を紹介します。

手動バックアップのやり方

※BackWPupのインストール方法は割愛します。

ダッシュボード下「BackWPup」より、「新規ジョブを追加」を押下します。

一般タブの設定

一般タブで基本的な設定をしていきます。

「このジョブの名前」は、わかりやすい名前をつけておきましょう。

※例では手動バックアップなので、「backup_manual」にしました。

「ジョブタスク」は「データベースのバックアップ」「ファイルのバックアップ」「インストール済みプラグイン一覧」の3つにチェックが入っていればOKです。

「アーカイブ名」はそのままでOKです。任意で変更してもOKです。

「アーカイブ形式」はZipでOKです。

「ジョブの宛先」は一番上の「フォルダーへバックアップ」を選択します。

「ログファイル」については、そのままでOKですが、任意で変更してもOKです。

最後に「変更を保存」を押下します。

上部にメッセージが表示されます。

スケジュールタブの確認

一般タブの右隣にあるスケジュールタブを選択します。

「ジョブの開始方法」が「手動」にチェックが入っていればOKです。

宛先タブの確認

タブエリアの一番右にある、「宛先:フォルダー」を選択します。

「バックアップを格納するフォルダー」内のパスを必要に応じて変更します。初期値のままでもOKですが、例では「uploads/backwpup-manual」と、ジョブ名と一部同じ名前にしました。

「ファイルを削除」は、上記フォルダー内に保持するファイルの数になります。基本的にこのままでOKですが、サーバ上にあまり多くのファイルを置いておきたくない場合は数を小さく設定します。

「変更を保存」を押下します。

上部にメッセージが表示されます。

※このメッセージ内の「今すぐ実行」を押下してもバックアップが開始します。

バックアップ開始方法

ダッシュボード下「BackWPup」より、「ジョブ」を押下します。

先ほど作成したジョブ名にマウスカーソルを近づけるとメニューが表示されるので、「今すぐ実行」を押下します。

バックアップが開始されます。

無事にバックアップが完了すると、「ジョブ完了」とメッセージが表示されます。これでサーバ上(先ほど指定したフォルダー)にバックアップデータが作成されたことになります。

※エラーが表示されたら、必ずログを確認します。

バックアップデータのダウンロード

バックアップしたデータはサーバ上に置かれた状態なので、仮想環境での検証等で使用するにはローカル環境にダウンロードする必要があります。

ダッシュボード下「BackWPup」より、「バックアップ」を押下します。

一覧のバックアップデータ名にマウスカーソルを近づけるとメニューが表示されるので、「ダウンロード」を押下します。

ローカル保存後、サーバ上のデータは削除しておいた方が容量圧迫を防げるかもしれません。

まとめ

BackWPupプラグインを使えば、このようにたった3ステップでバックアップデータの取得ができます。

  1. 一般タブで基本的な設定
  2. スケジュールタブで手動設定
  3. 保存先フォルダ名を指定

手動とは別にスケジュールバックアップ方法もあり、サイト運用をしていく上ではそちらの方がよく使うかもしれません。スケジュールバックアップ方法については次回記事で紹介します。

タイトルとURLをコピーしました